ケトジェニックダイエットに鯖缶がおすすめ!その理由について解説します!

糖質を制限し、脂質メインの食事をしていくことで【痩せやすい状態】をつくるケトジェニックダイエット。

そんなケトジェニックダイエットには【鯖缶】が非常におすすめです。

その理由には以下の理由が挙げられます。

鯖缶がおすすめな理由

・良質な脂質(オメガ3脂肪酸)を摂取できる
・タンパク質も豊富
・筋肉にも良い効果がある
・調理なしで手軽に食べれる

本記事ではこれらのことを踏まえて【ケトジェニックダイエットに鯖缶がおすすめな理由】について解説していきます。

ケトジェニックダイエットで鯖缶がおすすめな理由

ケトジェニックダイエットに鯖缶がおすすめな理由を【4つ】紹介していきたいと思います。

良質な脂質を摂ることができるから

まず1つ目の理由は【良質な脂質を摂ることができるから】です。

鯖をはじめとする魚には【オメガ3脂肪酸】という必須脂肪酸が含まれています。

必須脂肪酸というのは、【人間の体内では生成することのできないもの】なので、食事やサプリメントから摂取することが必要になってきます。

ケトジェニックダイエットでは、脂質を多く摂取することで【体脂肪を燃やす回路が回る】ので、しっかりと脂質を摂取する必要があります。

「脂質ならなんでもいい」というわけでなく、できるだけオリーブオイルやMCTオイル、オメガ3脂肪酸などの良質な脂質を摂取すること大事なので、ケトジェニックダイエットと鯖缶は相性が良いのです。

また、鯖缶に含まれるオメガ3脂肪酸の【DHA・EPA】には、髪や肌をキレイにする効果や様々な病気などを予防するような効果も期待できるので、非常におすすめなのです。

EPAはレゾルビン、DHAはプロテクチンといった内因性の抗炎症物質を生成することが判明しており、抗炎症作用の他にも病的な血管新生の抑制や好中球の浸潤抑制、神経細胞の保護作用やアルツハイマー患者の脳内におけるPD1産生減少などの作用が知られています。

『脂肪酸とケトン体〜糖質制限ダイエットの科学〜』 山本義徳

タンパク質も豊富で使いやすい

2つ目の理由は【タンパク質も豊富で使いやすい】です。

ケトジェニックダイエットでは【脂質】に目が向けられがちですが、【タンパク質】も非常に重要な役割を担っています。

「なぜタンパク質が大事なのか?」というと【糖新生】という体の機能に関わっています。

ケトジェニックダイエットでは、糖質を体内から枯渇させることで、メインのエネルギー源を【糖質▷脂質】に切り替えていくダイエット法ですが、その過程で、糖質が体内から枯渇したときに【糖新生】という機能が発動します。

糖新生というのは、体内で筋肉中のアミノ酸を分解し、それを素に【糖質】を生成するという働きです。

この糖新生が起こる際に、タンパク質が不足していると【筋肉が分解されて筋肉量が減る】ということが起こります。

【筋肉が減る=※基礎代謝量の低下】に繋がります。
※人間が何もせずに消費するカロリーのこと。

基礎代謝量が低下するというのは、ダイエットにとって致命的なので、絶対に避けなければいけません。

そこで、鯖缶のようなタンパク質が豊富な食事(食材)が重宝するのです。

鯖缶(200g)の栄養素

【カロリー】
380kcal

【タンパク質】
41.8g

【脂質】
21.4g

【糖質】
0.4g

【参考】カロリースリムス

EPAには筋肉にも良い効果がある

3つ目はのおすすめな理由は【筋肉にも良い効果がある】という点です。

先程、筋肉が基礎代謝と関係性について少し触れましたが、鯖缶は筋肉に良い効果をもたらしてくれるのです。

良い効果をもたしてくれるのは、先にも話した【EPA】です。

EPAを摂取することで【筋肉の合成を高める働き】があり、それが研究によって明らかになっています。

EPAはmTORに関係なく、単独でp70S6Kや4E-BP1を活性化し、筋タンパク合成を高めます。EPAの摂取により、タンパク合成は25%増加し、タンパク分解は22%低下しています。

『脂肪酸とケトン体〜糖質制限ダイエットの科学〜』 山本義徳

ケトジェニックダイエットを実践していて、筋トレもしているという人なら鯖缶は積極的に食べるべきだと思います!

調理なしで手軽に食べれる

4つ目のおすすめな理由は【調理なしで手軽に食べれる】という点です。

ダイエットで1番大事なことは【継続すること】です。

どんなに効果の高いダイエットであっても、手間がかかるとなると面倒になり、途中でやめてしまうなんてことはザラにあります。

ケトジェニックダイエットは糖質を制限しなければいけないので、ごはんやパン、麺など【いつも手軽に食べれるもの】が食べれないという大変さがあります。

そこで、「〜を炒めて」「〜を茹でて」「〜と〜を混ぜて」なんてやっていると、段々と食事の準備が面倒になり、投げ出してしまう可能性大です。

なので、鯖缶のような【開ければ食べれる】といった手軽さのあって、かつ【高脂質・高タンパク】という食品はあまり類を見ません。

手軽に良質な脂質・タンパク質を食べれるという点において、鯖缶は最強なので、ぜひ皆さんも食べていきましょう!

味噌煮缶には注意が必要!

最後に1つ注意点を挙げるとすると【味噌煮缶】には注意しましょう。

味噌煮には【糖質】がけっこう含まれています。

けっこうといっても普通の食事として考えれば大した量ではないのですが、ケトジェニックダイエットにとって糖質は【抑えられるのなら極力抑えたいもの】なので、味噌煮缶は避けるべきです。

さばの味噌煮缶(200g) 栄養素

【カロリー】
434kcal

【タンパク質】
32.6g

【脂質】
27.8g

【糖質】
13.2g

【参考】カロリースリムス

まとめ

今回は【ケトジェニックダイエットに鯖缶がおすすめな理由】について紹介させていただきました。

ケトジェニックダイエットでは、【いかに多くの脂質を摂取できるか】というところが非常に重要になってきます。

そこで、鯖缶のように良質な脂質を含んでいるだけでない、副次的効果も大きいものを積極的に食べるようにするとケトジェニックダイエットが成功にグッと近づくこと間違いなしなので、みなさんも鯖缶を積極的に使っていきましょうね!

それでは!

本記事のまとめ

・鯖缶は必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を摂取できる

・タンパク質も多く含んでいるので糖新生が起きても安心

・EPAには筋肉の成長を助ける効果もある

・鯖缶は手軽に良質な脂質・タンパク質を摂れる

おすすめの記事