ケトジェニックダイエットで倦怠感(だるさ)を感じる原因とは?対処法は?

【糖質制限+良質な脂質摂取】を行うケトジェニックダイエットですが、初期段階で【倦怠感】に襲われる人がいます。

そのだるさの原因は主に2つあります。

倦怠感に襲われる原因

・血糖値が乱高下してしまう癖がついてる
・エネルギー源が【糖質▷脂質】に切り替ってない

この2つの主な原因は、ケトジェニックダイエットを始める前の【糖質中心の食生活】に原因があります。

そこで本記事では、これらの【ケトジェニックダイエットでの倦怠感の原因】について詳しく解説していきます。

ケトジェニックダイエットで倦怠感を感じる原因

高炭水化物の食事をしてた人は血糖値が乱高下する癖がついている

1つ目の原因は【高炭水化物食で血糖値が乱高下する癖がついている】です。

現代人の多くは【炭水化物中心】の生活を送っていて、ご飯やパン、麺類が好きな人は多いと思います。

適度な炭水化物の摂取は、問題ないのですが【過剰な糖質の摂取】はよくありません。

過剰な糖質摂取を行うと、人間の体では以下のような反応が起きます。

糖質を過剰に摂取した場合の反応

糖質の過剰摂取⇒血糖値が急激に上がる
⇒血糖値を急いで下げるために大量のインスリンが分泌される
⇒必要以上に血糖値が下がる

このような血糖値の乱高下が【だるさ・いらつき・眠気】などの原因になります。

血糖値の上がり下がりがゆるやかであればいいのですが、血糖値が急激に上がると、体は急いで血糖値を下げようとするため、インスリンが大量に分泌され、血糖値が必要以上に下がってしまいがちです。そして血糖値の急激な乱高下により、だるくなったり眠くなったり、逆にイライラしたり、よいった症状がもたらされるのです。

『「空腹」こそ最強のクスリ』【著】青木 厚

人間は、食事の有無に関わらず、血糖値が1日3回下がります。

そのときにこのような血糖値の乱高下がくせになっている人は【自力で血糖値を上げる】のが通常の人より難しいので、余計に倦怠感などに襲われやすいのです。

特に、ケトジェニックダイエット初期で糖質を制限しているので、なおさら辛いと思います。

このようにケトジェニックダイエット開始前の食生活が【糖質を多めに摂っていた人】は倦怠感に襲われやすいので【覚悟・我慢】していくしかありません。

エネルギー源が【糖質▷脂質】に切り替わってない

2つ目の原因は【エネルギー源が糖質▷脂質に切り替わってない】です。

通常、私たちは糖質をエネルギー源とする【解糖系】という回路を使って生活しています。

ケトジェニックダイエットでは、糖質を制限し、体内のグリコーゲンを含む糖質を一旦、枯渇させます。

そうすることで、脂肪酸をエネルギーとして使用する回路である【ケトン体回路】を呼び起こします。

このケトン体回路に入れることで、自分についている体脂肪をエネルギーとして使えるので【痩せていく】というのがケトジェニックダイエットの仕組みになります。

ですが、このケトン体回路が呼び起こされるまで、すなわちケトジェニックダイエット初期というのは【糖質がただただ不足している状態】なので、低血糖の状態が続き、倦怠感やふらつきを覚えるというわけなのです。

このケトン体回路が呼び起こされるまでの期間というのは、個人差があるんのですが、だいたいの人は遅くても1週間程度でケトン体回路が働きはじめるといわれています。
▷【ケトジェニックダイエットで痩せ始めるのはいつから?】

それまでエネルギー産生を糖質に頼っていたところ、急に糖質の供給が少なくなることで、一時的なエネルギー不足が起こるからです。糖質を燃焼させるエネルギー代謝から、脂肪を燃焼させる代謝に切り替わるまでの準備期間のようなもので、1~2週間程度の時間が必要です。

『やせる!若返る!ケトン体食事法』 福田一典

このケトジェニックダイエット初期の糖質不足状態というのは、正直どうすることもできないので、我慢していきましょう。

MCTオイルを使ってケトジェニック状態に早く入れよう

「結局、このだるさは我慢するしかないのか…。」と落ち込んだ人、がっかりした人はいると思います。

基本は我慢が必要になりますが、1つ対処法があります。

それは【MCTオイルを活用してケトン体を増やす】という方法です。

MCTオイルというのは【中鎖脂肪酸】が含まれている油のことで、コレを摂取することで、素早く体内にケトン体を増やし、ケトン体回路の働きを活発にすることが可能なのです。

通常、ケトン体は脂肪酸をもとに【肝臓】から作り出されるのですが、MCTオイルをはじめとする中鎖脂肪酸は【摂取後すぐにケトン体として利用できる】というメリットがあります。

ケトン体回路が早く回り始めれば、ケトン体と糖新生でつくられた糖質が体中に満ちて、空腹感・倦怠感に襲われなくなります。

なので、「早く倦怠感から抜け出したい!」という人はMCTオイルの使用を検討してみるのがおすすめです!

まとめ

今回は【ケトジェニックダイエットと倦怠感】について解説させていただきました。

ここまで記事を読んで頂いた方には、ケトジェニックダイエット前の食生活が【糖質中心・糖質過多】の人が特に倦怠感に襲われやすいことが分かってもらえたと思います。

基本的には、ケトジェニックダイエット初期の倦怠感は我慢してもらう必要があるのですが、MCTオイル(中鎖脂肪酸)を活用することで【早くケトン体回路を効率よく回す】という方法で、倦怠感から脱出するという手もあります。

倦怠感の辛さに悩んでいるのなら【MCTオイル】を使ってみてはいかがでしょうか?

それでは!!

本記事のまとめ

・血糖値が乱高下する癖がついていると倦怠感に襲われる
・ケトジェニックダイエット初期は糖質不足によってだるさが出やすい
・MCTオイルを使ってエネルギー源を【糖質▷脂質】に素早く切り替えよう
おすすめの記事