ケトジェニックダイエット中は人工甘味料は避けたほうが良い?その理由とは?

ケトジェニックダイエットでは、糖質を制限するため、砂糖などが含まれた【甘いもの】は食べることができません。

そうなると、甘いもの食べたさに【人工甘味料】が含まれているスイーツやジュースに手を伸ばす人も少なくはないのではないでしょうか?

ですが、ケトジェニックダイエットでは【人工甘味料の摂取は控えたほうがいい】です。

その理由としては、人工甘味料を摂取すると、肥満ホルモンといわれる【インスリン】が分泌されてしまうからです。

インスリンには、脂肪を蓄えようとする働きがあるので、ダイエット中はできるだけ分泌を抑えることが大事になってきます。

そこで本記事では【ケトジェニックダイエット中に人工甘味料を避けるべき理由】についてご紹介していきます。

ケトジェニックダイエット中に人工甘味料を避けるべきたった1つの理由

ケトジェニックダイエット中に人工甘味料を避けるべき理由というのは、基本的に1つで【インスリンの分泌が起こるから】です。

ここでは、その点について詳しくお話していきたいと思います。

インスリンの分泌を促してしまう可能性があるから

最初から何度もいっていますが、ケトジェニックダイエット中に人工甘味料を避けるべき理由は【インスリンの分泌が起こる】からです。

人工甘味料の含まれた0カロリー食品は、糖質が0でも【体が反応してインスリンを分泌する】ことがあります。

インスリンの分泌を促す人工甘味料、そうでないものがありますが、ケトジェニックダイエット中はすべて避けるのが無難だといえます。

いくらノンカロリーでも、膵臓が反応してインシュリンを分泌してしまう甘味料もあります。アセスルファムカリウムは、血糖値は上げないのにインスリンの追加分泌を起こすデータがあるなど。また、サッカリンは腸内細菌を介してメタボリックシンドロームを引き起こすという報告もあるので注意が必要です。

『糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!ケトジェニックダイエット』 斎藤糧三

通常、インスリンは食事、主に【糖質】を摂取したときに上昇した血糖値を下げるために分泌されるものです。

なので、ケトジェニックダイエット中は糖質をほぼ摂らないので、インスリンは分泌されることがほぼありません。

そこで、人工甘味料を摂ってインスリンを分泌させてしまうと、ケトジェニックダイエットの良いところが1つ死んでしまうといっても過言ではありません。

また、インスリンが日常的に大量に分泌される食習慣だと【インスリン抵抗性】が強まり、インスリンの効き目が弱くなり、肥満になりやすいというデメリットもあります。

なので、ケトジェニックダイエット中・ダイエット中というのは【いかにインスリンの分泌を抑えるか】というのが重要になってきます。

そのために【人工甘味料の含まれた食品の摂取を控える】というのは非常に重要なことなのです。

どうしても甘いものが欲しい人には【ラカントS】

「人工甘味料が良くないのは分かったけど、どうしても甘いものが食べたい…。」という人には【ラカントS】がおすすめです。


アマゾンより引用

ラカントSは【自然界にあるものを原料として作られた甘味料】なので、安心して調味料などとして使うことができます。

コーヒーなどに砂糖代わりに入れても使うことができるのでおすすめです。

エリスリトールと羅漢果からつくられた自然派の甘味料「ラカントS」は、血糖値に影響しないため、ケトジェニックダイエット中のレシピにはよく登場します。

『糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!ケトジェニックダイエット』 斎藤糧三

まとめ

今回は【ケトジェニックダイエットと人工甘味料】についてお話させていただきました。

ケトジェニックダイエット中は、砂糖などが含まれたスイーツなどが食べれなくて辛いですが、その分他のダイエットに比べて【食事の制限・幅】というのは【緩くて・広い】ので、甘いものを食べれないことは我慢しましょう。

もし、どうしても食べたい人は【ラカントS】を使ったり、ローソンの【ローカーボのお菓子】を活用して、甘いもの欲を満たしていきましょう!

それでは!

本記事のまとめ

・人工甘味料はインスリンの分泌を促すので摂取は控える
・甘いものが食べたいなら【ラカント】や【ローソンのロカボスイーツ】を!
おすすめの記事